私たちの共創チャレンジとは

私たちQOLジャパンの活動目的は、QOLを高めてwell-beingを叶えることです。
そのために私たちは日々、一人ひとりの自律型の活動を通して高齢者が抱える3つの社会課題に取り組んでいます。   

①生命の質(Healthcare) 健康寿命の延伸
②生活の質(Sustainable) 資産や環境などの持続可能な生活基盤づくり
③生き方の質(Lifestyle) 生きがいづくり

2025年の大阪・関西万博のテーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン」です。
このテーマは、私たちの活動内容とも親和性があり大変親しみがわきました。さらに私たちQOLジャパンは、発足時よりSDGs/ESGに準拠しておりましたのでご縁を感じました。まさしく、ココロ動かされた瞬間でした。

そこで今回、QOLジャパンは TEAM EXPO 2025 共創チャレンジで下記取組にチャレンジいたします。

【私たちの共創チャレンジ】
シニアのQOL向上に役立つ「最新の100の商品やサービス、アプリ」を提供企業に取材して学び紹介します。
そして同時に、取材企業一社につき約10問ほどの四択問題をご提供いただき、シニアに必要なリテラシーを学ぶための「QOLフェロー検定」を企画作成し、みんなで「1000問の四択問題」を創ることにチャレンジいたします。(略称:100・1000チャレンジ)

私たちのQOL向上活動は、個人の主体的な取組が出発点であり原動力です。この「TEAM EXPO 2025」プログラムも、自らが描く未来を実現するために参加者が主体となって取組む活動です。
どちらも自律型の活動を基本としており、その趣旨にも感銘を受けました。
私たちはこのような取組方法が、結果として一人ひとりのQOL向上につながると考えています。効果は未定ですが、ある意味で2025大阪・関西万博のコンセプト「未来社会の実験場」にも当てはまるのではないでしょうか。

【共創チャレンジへのご支援のお願い】
まずは、シニアのQOL向上に役立つ100の企業(最新の優良商品やサービス、アプリ)の選定、情報収集活動が必要です。また同時に、シニアにとって必要な「エビデンスに基づくリテラシー」を身に付けるため、約10問ほどの四択問題を提供していただける企業や団体、ご支援いただける共創パートナーを見つけ、ご協力をお願いすることが必要です。

                                                

QOLは多様性そのものです。おかれている状況や価値観は一人ひとり異なりますが、それぞれの多様性を尊重し、寛容と感謝を忘れず、安全・安心、法令遵守のもと、自ら考え行動することを旨としています。
しかしながら、私たち自身はシニアの団体ですので、残念ながら企業や団体とのつながりが多くはございません。趣旨に賛同していただける方々(個人や任意団体および産官学医)との連携、ご支援を希望しています。

私たちはこの共創チャレンジを通して、シニアの新たな「学びとつながり」の場になりたいと願っています。
また今回の取組みが、点が線になり面に広がるような貴重な機会となり、少しでも社会に役立つ活動になればこんな素敵なことはないとワクワクしています。

そして将来的には、TEAM EXPO 2025 終了後も持続可能な「学びとつながり」の場となり、共創チャレンジで得たデータをレガシーとして活用し、いつの日か「well-beingを叶えるためのQOLジャパンモデル」を提案発信できればと夢をふくらませています。


誰もが健やかで自分らしく心豊かな生活ができる未来の実現へ! ぜひ皆さまのご支援をお待ち申し上げております。